ダイエットの常識非常識。運動すればやせられる

  ダイエットの常識非常識

運動すればやせられる

TOP > 運動すればやせられる

◆◇◆ 運動すればやせられる ◆◇◆

 ぐうたらぐうたらしながら、好きなものを食べ、スリムでいたい。これが人間のホンネです。多くの人は、ダイエットのためにハードな運動などあまりしたくはないはずです。雑誌やテレビで「運動で汗を流し、エネルギーを使ってやせよう」と言われても、日々の忙しい暮らしの中では、なかなか難しいのではないでしょうか?
スポンサードリンク
 ダイエットは極めて日常的な問題ですから、人間の本性に合ったものであるべきです。「少し無理をしてでもやる」という方法や考え方で実践しても長続きせず、結果的にリバウンドを引き起こしてしまいます。ダイエットは、1980年代から社会的に広まり、関心をもたれるようになりました。その間、何度となく雑誌、テレビ等のメディアが”運動をしてやせよう”と鼓舞してきましたが、20年余りが経過したいま、それを継続できている人は少ないはずです。ですから、リバウンドをしないダイエット法を実践することが大切です。
・ポイント
たとえば胸が苦しくなるような、体がいじめられるようなスポーツは一部の人しか向かない。歳をとったらすすめられない。「やらないほうがいい」といつかいわれるものを、わざわざ選ぶ必要はない。

スポンサードリンク

◆◇◆ 体脂肪は何のためついている ◆◇◆

 体脂肪は、つき過ぎると体形を崩し、成人病の危険因子にもなるため目の敵にされがちですが、一方で大切な役目も担っています。まず、不足したエネルギーを補います。たとえは、十分な食事量がとれなくなる手術のときなどには、体脂肪が一定量貯えられていて、体力がついていることが条件になります。また、体脂肪は断熱材としても働き、体温をコントロールするのに役立っています。さらに、内臓を一定の位置に支える役目も果たしています。
 女性の場合は、男性ホルモンを女性ホルモンに変化させる組織でもあり、妊娠や授乳中は体脂肪がつきやすくなります。また、プロポーションを美しく保つためにも、適度な量の体脂肪が必要です。極端に体脂肪を減らすのは健康にとってマイナスになりますから、ダイエット中は気をつけましょう。

◆◇◆ 免責事項 ◆◇◆

 当サイトで掲載されている情報の内容が適切かどうかの保障、または当サイトの情報を元に直接的もしくは間接的に発生したトラブルや損害などについては一切の責任を負うものではありません。
 また、リンク先への訪問で発生した問題につきましても当サイトは責任は負いかねますので、あくまでご自身の責任で利用していただくことをお願い致します。


スポンサードリンク
リンク集

◆運動すればやせられる
◆体脂肪を燃やすには1日1万歩以上歩く
◆体脂肪を早く落としたい人にはジョギングがおすすめ
◆健康のため週1回はジムでハードなマシン運動を
◆食べる量を減らせばやせられる
◆ご飯の量を減らせばやせられる
◆やせるにはカロリー計算が必要
◆やせたい人は夕食をできるだけ軽くする
Copyright(C) ダイエットの常識非常識 All Rights Reserved
PR : お酢と健康